ミコトの混沌写真館

森羅万象の出来事を写真で、紹介していきます。

Category: レストラン・カフェ・飲食店  

カフェ、たまご泥棒の恐竜博2016、コラボメニュー「ジャンバラヤカレー~ティラノサウルス風~」

恐竜博2016 (0)

Mini Mini 水族館でウミウシを撮影していた為、昼食難民に成った私は、レストランを探して大阪文化館・天保山まで、やって来ました。
暫く周囲を探し処、面白そうな看板を発見したので、恐竜博2016が、開催されている大阪文化館・天保山1階のカフェ、たまご泥棒で昼食を食べる事にしました。
この日の昼食は、恐竜博2016、コラボメニュー「ジャンバラヤカレー~ティラノサウルス風~」 に決定です。
話は少し脱線しますが、大阪文化館・天保山は、関西出身の建築家、安藤忠雄氏の作品に成ります。・・・

恐竜博2016 (1)

恐竜博2016 (2)

恐竜博2016 (3)

恐竜博2016 (4)

恐竜博2016 (5)

恐竜博2016 (6)

恐竜博2016 (7)

「ジャンバラヤカレー~ティラノサウルス風~」は、キュウリが、恐竜の足跡に切り抜いある等を除いては、普通のジャンバラヤカレーでした。
之で、ドリンクセット1,400円は、少し値段が、高い様な気がします。
尚、恐竜博2016は、2106年9月17日~2017年1月9日迄、大阪文化館・天保山で好評 !? 開催中です。・・・

■カフェ、たまご泥棒

◇住所: 大阪府大阪市 港区海岸通1ー5-10 大阪文化館・天保山1階

◇電話:

◇料金:1,400円 (ジャンバラヤカレー~ティラノサウルス風~)

◇駐車場:付近コインパーク使用

写真の無断使用・転載は、ご遠慮ください。m(_ _ )m



にほんブログ村に参加しています。

↓ クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Newer Entry稲渕棚田の彼岸花 2016

Older Entry天保山マーケットプレースで海の宝石、ウミウシを撮影

Trackbacks
かつて、サントリーミュージアム天保山の名称だったミュージアムが、今は大阪文化館・天保山と名を変えて運営されています。 以前はIMAXシアターがあり、立体映像が楽しめました。 また、アールヌーボーの作品なども展示されていたものです。 現在は常設展はなく、その都度、企画展の会場として使われているようです。 今、行われているのは「恐竜博2016」です。 ワタクシ、恐竜が大好き...

 

Comments
Edit
少しっていうか、かなり高い気がします。
多分、きゅうりを切るのに大変な手間がかかったのでしょう。あるいは具材に恐竜が入っているのかもしれません^^;
EditRe: タイトルなし
こんにちは、八咫烏さん。

コメントありがとうございます。

観光地では、飲食店等の料金が、他の場所より高いは、仕方ない事ですね。

尚、きゅうり以外にも食パンを恐竜の形に、切り抜くのにも手間が、かかった様ですよ。・・・
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >