FC2ブログ

ミコトの混沌写真館

森羅万象の出来事を写真で、紹介していきます。

Category: 浪速の名橋50選  

水晶橋

水晶橋 (1)

水晶橋は、中ノ島の北側を流れる堂島川に架かる歩行者専用橋です。
1929年に、河川の浄化を目的に、堂島川可動堰として建設されましたが、1982年に橋面の改装が行われ水晶橋の名称になりました。
重厚な石造りの橋の様ですが、水晶橋も鉄筋コンクリートの橋です。・・・

水晶橋 (2)

水晶橋の北側です。橋には階段で登ります。頭上を阪神高速、環状線が跨いでいます。

水晶橋 (3)

階段を上がると立派な親柱があります。

水晶橋 (4)

水晶橋には橋名板はなく親柱に直接、名前が掘り込まれています。

水晶橋 (6)

橋の上です。南方向には、右に大阪市役所が、左に中之島図書館が見ることが出来ます。

水晶橋 (07)

北方向に見える水晶橋を跨いでる高架は、勿論、阪神高速、環状線です。

水晶橋 (007)

南側の階段です。中之島のこの地域は、休日は、歩行者天国の為、道の真ん中から堂々と撮影すねことが出来ます。

水晶橋 (5)

可動堰の名残か、橋脚の上には扉が付いてました。扉に落書きが・・・残念な事です。・・・

水晶橋 (8)

水晶橋の東側 (上流) に見えている橋は、鉾流橋です。

水晶橋 (7)

水晶橋の西側 (下流) 光景です。見えている橋は、大江橋です。

水晶橋 (9)

大江橋から見た水晶橋です。

水晶橋 (10)

鉾流橋から見た水晶橋です。

水晶橋という名の由来は今一つはっきりしないが、橋上にある照明灯が水面に映る様子が水晶のかがやきに似ているということから出た愛称であるとする説もあり、水都大阪が繁昌するようにという意味で水昌橋であるという説もあって決め難い。
水晶橋は、その姿形のゆえに大阪の人々に愛されている。プロ、アマを問わず、画題として選ぶ人が多いのはその証拠である。水晶橋の美しさの要因を考えてみると、第一には本体のアーチとその上の九つの小アーチの組合わせの妙が挙げられる。重厚さの中にどこか軽やかさを感じさせる。昭和57年の改装工事でベンチ代わりの植枡も置かれている。また、ライトアップがなされ、中之島の夜景に彩りを添えている。(大阪市HPより引用)

写真の無断使用・転載は、ご遠慮ください。m(_ _ )m




にほんブログ村に参加しています。

↓ クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Newer Entry大阪南港野鳥園・冬-2014-

Older Entry寒さに震えて近所をカメラ散歩

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >