FC2ブログ

ミコトの混沌写真館

森羅万象の出来事を写真で、紹介していきます。

Category: 浪速の名橋50選  

栴檀木橋

栴檀木橋 (1)

橋の南側から大阪中央公会堂が良く見える橋は、浪速の名橋50選にも選ばれている栴檀木橋です。
栴檀木橋は、せんだんのきばしと読みます。

栴檀木橋 (2)

私は、橋名板が、なければ、この橋の名前を読む事が出来ませんでした。・・・

栴檀木橋 (3)

栴檀木橋 (4)

栴檀木橋 (5)

又、橋の南側には、大正時代の親柱や昭和初期の橋めい板が、モニュメントとして残されてありました。

栴檀木橋 (6)

栴檀木橋 (7)

栴檀木橋の西側からは、中之島フェスティバルタワー等の高層ビル群が良く見えます。

栴檀木橋 (8)

橋の東側からの光景です。向うに見える橋は、難波橋です。

栴檀木橋 (9)

橋の北側からの光景です。

栴檀木橋 (10)

江戸時代、中之島には諸藩の蔵屋敷が建てられ、船場との連絡のために土佐掘川には多くの橋が架けられていた。栴檀木橋もそうした橋の一つであった。橋名の由来は『摂津名所図会』ではこの橋筋に栴檀ノ木の大木があったためとしているが、詳らかではない。
明治になっても木橋のままであった栴檀木橋は明治18年の大洪水で流失した。再び架けられたのは大正3年のこととされる。これは明治37年に、大阪府立図書館が建てられ、明治末には大阪市庁舎の建設が決定されるなど、橋が再び必要となっていたためであろう。
その後、昭和10年に架け替えられた橋は桁の高さが一定のシンプルな美しさを強調した設計であったが、当時の設計者はこれを理想としていたようである。昭和60年9月、新しい橋に架け替えられたが、旧橋のイメージを大切にしながら橋面などは府立図書館や中央公会堂など、背景にある歴史的建築物との調和を考えてデザインされた。
また、センダンノキをモチーフにした欄間パネルが取付けられている。由来碑と大正時代の親柱は橋梁の橋詰に設置され、橋の歴史が一目でわかるようになっている。(大阪市HPより引用)

写真の無断使用・転載は、ご遠慮ください。m(_ _ )m




にほんブログ村に参加しています。

↓ クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Newer Entry2014年12月の月

Older Entry初冬の大阪市中央公会堂を散策

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >